バンカーショットは砂を打つ!イボミのバンカー簡単脱出法!

手前の砂を打って砂ごとボールを運ぶ 

ボールの下にヘッドを入れるためヒザを曲げて重心を落とす

 

イボミ バンカー

芝の上から打つショットとは違い、砂の上から打つバンカーショットはボールの手前を打つことが基本になります。

 

ボールだけを打とうとするとトップしやすく、難しくなります。

 

ボールの手前の砂ごと打つと、とっても簡単です。

 

ボールの手前の砂から入って、ボールの下をヘッドが抜ける感覚です。

 

基本の構えやスイングのポイントを押さえさえすれば、難しく考えることはありません。

 

まず、アドレスではバンスを使うためにフェースを開いて、抜けをよくするために体全体で目標より左を向いてオープンに構えます。

 

そしてボールの位置は、手前の砂を打ちやすくするために、体の真ん中より左側に置きます。

 

また、ボールの下にヘッドを入れるので、ヒザを曲げて重心を落とします。

 

足場が不安定になりやすいので。、少し左足体重にして構えておくと安定感が増し増す。

 

また、フェースの開き具合やヘッドスピードによって、飛距離やスピン量をコントロールするので、状況に応じて変えてみましょう。

イボミ ゴルフスイング

 

スピン量と距離感はフェースの開き具合とヘッドスピードで調節

  • フェースを開くほど、またヘッドスピードが速いほどスピン量は増える。
  • 逆にフェースを開かずに、ゆっくり振ればランが多く出る。
  • ピンが近い場合はフェースを開いて素早く振る。
  • ピンが遠くてランを出したい場合は、フェースを開かずに、大きくゆっくり振る。

体が目標を向くように左に振り抜く

体が目標を向くように左に振り抜く

 

普通のショットも同じですが、バンカーショットも手打ちではなく体の回転で打ちます。

 

普通のショットとの違いは、オーオウンスタンスに構えているので、ヘッドや手はアウトサイドに上がります。

 

まあtバックスイングで体が回りにくいので、回そうと意識しなくても大丈夫です。

 

ダウンスイングからフォロースルーにかけては、目標より左にヘッドを振り抜きます。
このとき体もしっかり回します。

 

フォロースルーで上体が目標を向くまで、回してください。

 

振り抜くことでヘッドが砂に刺さらずに、スパンと振り切れ、ボールが高く上がります。

 

スイング中はボールを上げようとしてはいけません。
軸が左に傾いてダブリやトップになってしまいます。

 

左足体重やヒザを曲げたまま、軸が傾かないようにしましょう。

 

この一連の動きが基本となりますが、打つときにいろいろ考えると難しくなります。

 

動きを覚えて、”左に振り抜く”など、簡単な事だけを意識して打ちましょう。

バンカーショットの打ち方

バンカーショットはノーコック打法がおすすめ

バンカー ショット

体を回して打てばボールをコントロールできる
払い打つように軌道は鈍角でフェースに乗せて運ぶ感覚で打つ

 

私は、バンカーショットがに苦手なので、先日、上手な人のバンカーショットを見ていてヒントをもらいました。
体のターンで、締りのあるスイングで、インパクトで緩んでいないのです。

 

今までの私は、手先でクラブを大きく上げ、インパクトにかけて緩むように打っていました。
バンカーからボールが出ることは出るんですが、距離感が合わなかったりスピンをかけたつもりがかからなかったりと、寄せることに苦労しました。

 

そこで、上手な人のショットやアプローチを参考に、体の回転で打つように変えたらバンカーショットが安定してきました。

  • コックを使わないので、胸を回して、バックスイングで常に手が胸の前にある形になります。
  • 手先で打っていたころは、ヘッド軌道は鋭角になって、ヘッドの入りがバラバラ。
  • 抜けも悪いので、思ったようにコントロールできていませんでした。

 

しかし、ノーコックで体の回転を意識することで、ヘッドの軌道は鈍角になり、ヘッドの入り方が安定し、抜けもよくなりました。

 

イメージ的には、払うようにヘッドを入れて、ボールをフェースに乗せて運びます。
距離感が安定するだけでなく、スピンもかかるようになりました。

頭や手を出さずに体の回転でヘッドを出す

バンカー ショット 打ち方

体を回して打つ練習をする中で、基本ポイントを確認しました。
アドレスではバンスを使うためにフェースを開くので、体ごと目標の左を向くオープンスタンスにします。

 

そしてボールは、ドライバーショットのように左足カカト線上に置きます。
ボールが左にあると、自然にダフってエクスプロ-ジョンしやすくなります。

 

また、バックスイングはノーコックで上げるので、体に対しては真っすぐ、目標に対してアウトサイドに上がります・。

 

ダウンスイング以降も同じところを通るように下ろします。
ダウンスイングでタメをつくる必要もありません。

 

タメをつくるとスイング軌道が鋭角になってしまいます。

 

インパクトでは、ボールの手前にバンㇲから入れる感覚です。
そして、インパクト以降はヘッドが手元と頭より前にでます。

 

頭が突っ込んだり、手が前に出ると軌道が鋭角になってしまうので、体の軸回転に合わせてヘッドを前に出します。

 

また、体の回転でスイングするので、オープンスタンスに沿って、目標よりインサイドにヘッドを振っていきます。

 

インサイドに振っても、フェースを開いているのでボールは目標方向に飛んで行きます


イボミのバンカーテクニック