イボミといえばベタ足スイング!アイアンでのベタ足打法のポイント

<スポンサーリンク>

ベタ足で打つポイント

ベタ足で打つにはインパクトで右足を蹴らない!
下半身をあまり動かさず上半身を動かしてベタ足に!

 

 ドライバーは飛距離を求められるクラブですが、アイアンは狙ったところに正確に打っていくことが求められるクラブです。

 

より正確に打つために、ドライバーよりも体重移動を抑えたスイングをアイアンでは目指しています。

 

その結果、イボミはベタ足スイングでアイアンを打つようになりました。

 

 ベタ足スイングの最大の特徴は、インパクトで右足を大きく蹴らないことです。おそらく、多くのアマチュアゴルファーの皆さんは、ドライバーでもアイアンでもインパクトの瞬間に右足を蹴ってしまっていると思います。

 

でも、右足を蹴ると、体重移動が激しくなてしまうので、当たれば飛ぶかもしれませんが、ミスヒットの確率も高くなります。

 

だから、イボミはインパクトまで、右足を地面につけておく『ベタ足』にすることで、安定したスイングにしています。

 

アイアンショットのイメージとしては、そもそも下半身はあまり動かさないようにして、上半身の回転だけで打っているというイメージです。

右足を蹴らないポイント

ダウンスイングで右足を蹴っているつもりはないのだけれど、そうしても下半身が大きく動いてしまう人は多いはず。

 

どうしても右足を蹴ってしまう人は、胸を回すことで下半身が安定しベタ足になる

 

トップでは胸が目標と反対方向を向くまで回す。
 ベタ足スイングの特徴は、右足を蹴らないことで、下半身の動きを抑えることです。右足を蹴るスイングの人は、テークバックで、下半身全体が右方向に動かしてしまって、その反動によって、ダウンスイングでは下半身を左に動かそうとするために、どうしても右足を蹴るスイングになってしまっていると思います。

 

 しかし、ベタ足スイングを目指すのなら、テークバックでは、上半身をしっかり回して、下半身の動きを抑えることを意識してください。イボミはテークバックでは胸をしっかり回転さえるようにしています。
トップでは、胸が目標と逆方向を見えるぐらい、しっかり上半身を回します。そのトップからダウンスイングでは、胸を目標方向に向けるように戻していって、インパクト、フォローにつなげていきます。
つまり、スイング全体を通して、下半身は動かさず、胸を回転させて打つという事がベタ足につながるはずです。

  • テークバックでは左右のヒザの間隔がほとんど変わらずに、下半身はほとんど動いていない。逆に上半身は、トップに近づくと、背中が目標方向を向くほど回転しています。
  • インパクトでしっかりボールをヒットして、フィニッシュにかけて左足にしっかり体重が乗り、フォローではクラブが綺麗に立って上がっている。ベタ足スイングの一軸打法のお手本です。

頭の位置を動かさないがベタ足の基本

安定したベタ足スイングで打ちたいと思っていても、スイング中に体がスエーしてしまうと、ベタ足では打てない、スイング中の体重移動についてイボミが大切にしているのは頭を動かさないこと
アマチュアは下半身が動きすぎています!頭を動かさない1軸スイングなら下半身が安定

 

その場で回転するヒップターンなら軸がブレない
 アイアンに限らず、イボミがスイング全般で大切にしているのは『頭を動かさない』意識です。スイング中に頭が動くと軸がブレ、一番大事なヘッド軌道までブレてしまいます。ヘッド軌道がブレるとスライスや引っ掛け、ダフリやトップといったあらゆるミスが出ます。

 

 イボミの場合は、スイングは2軸ではなく1軸で振っているので頭がそれほど動きません。体重移動は考えないで、その場でクルッと回るイメージです。

 

 ポイントになるのはバックスイングです。
アマチュアの方は体重移動を右に乗せすぎてスエーになったり、逆に頭を動かさない意識が強すぎて、トップで右足に体重を乗せることが大事です。バックスイングで右のお尻を戻す感じのヒップターンなら、1軸で回転できます。

  • スイング中に頭が動いてしまうと、テークバックでは軸が右に傾き、ダインスイングでは軸が左に傾くようになギッタンバッコンのスイングになりやすいのでそばでヒップターンさせるイメージでスイングしましょう

バックスイングではこれを守って!

頭を動かさないと、スイングが小さくなりませんか?
右のお尻の上に上半身を乗せるようにテークバック

 

頭を動かさないようにすると、どうしてもバックスイングで体の捻転不足に陥りがちに、イボミのベタ足でもしっかりと捻転ができるバックスイングのポイントを解説

 

体重移動は下半身ではなく上半身で行う
 頭を動かさないようにすると、なぜかバックスイングが浅くなってしまう人がいます。それは手でクラブを上げているからだと思います。

 

頭を正面に向けたまま、手だけでクラブを上げようとすれば、よっぽど体の柔らかい人じゃないと深いトップは作れません。
 頭を動かさないまま深いトップを作るには、左腕を曲げず、体の回転でクラブを上げるようにすればいいんです。

 

 テークバックでは右のお尻を後ろに引くと共に、、両腕の3角形が崩れないにキープしながらクラブを上げていきます。

 

この時に、左の腕がピンと伸びた状態であることが大事。その状態で、下半身は動かさないように、上半身を右のお尻に乗せるようなイメージで動かしてください。
右のお尻に上半身を乗せるだけで、十分に怪獣移動になっているんです。

  • 深いトップが作れたら、ダウンづイングは右サイドに出来たスペースにクラブを立てて下ろしてこれるようになる。
  • ベタ足のバックスイングだけど右のお尻に上半身を乗せる!上半身は十分に捩じられている

ダウンスイングで気をつけること!

左ヒザが動くのは絶対にダメ!右ヒザも前に出さない!

 

両ヒザの間隔を変えずに1軸でクルッと回る
  ベタ足スイングで一番良くない下半身の動きは『右ヒザが前に出る動き』と『スエー』です。右ヒザが前に出る動きは、胸を左に向けてクラブを下ろすことで抑えられます。もう一つのスエーは下半身の動きによって抑えることができます。
 ダウンスイングで体が右から左に流れるスエーは、左ヒザが大きく右から左に卯木クことで起こります。それじゃあ、左ヒザが動かないようにするにはどうしたらいいでしょう。
 イボミがやっているように、ダウンスイングで両ヒザの間隔を変えないようにすればいいんですよ。
バックスイングで右のヒップを後ろに引き、ダウンスイングでは左のヒップでリードをしていきます。
この時に、両ヒザの間隔を変えないように意識することで、1軸でクルッと回る子tができるので、スエーをすることはありません。

  • トップから左のヒップでリードしてクラブを下ろしていく。この時に、両ヒザの間隔を変えないようにすると体の正面でインパクトができる。
  • トップから上半身で打ちに行き、両ヒアの間隔が開いてしまうと左ヒザが前に出て
  • トップから左のお尻に上半身を乗せるようにリードしてくる。この時に、両ヒザの間隔が常に同じなのに注目!両ヒザの間隔をキープしてヒップターンができれば右ヒザが前に流れずに、ベタ足でスイングができている。

フォローではこの形が大事!

フォローまで左ワキを締めて足より胸を動かす!下半身が動く人はこれを守れていない!
フォローで右腕がピンと伸びていればOK!

 

 イボミがスイングで一番意識しているのは、クラブをビシッと振り抜くことです。コレができれば、体をそんなに揺さぶらなくてもヘッドが走ります。
どうしたらクラブをビシッと振り抜くことができるのかですが、これはバックスイングと同じ、両腕の3角形を崩さす、上半身の回転で振ることが大事です。

 

前傾姿勢をキープしてヒップターンで切り返していうと両腕の3角形がキープされフォローで右腕がピンと伸びきます。

 

バックスイングで左腕が、フォローでは右腕がピンと伸びていれば頭が残った1軸でしっかりと振り抜けたことになります。

 

フォローで左腕が締まって、ボディターンで胸を回していけば、下半身の動きもなくなって、ベタ足でボールを打てるようになります。

  • フォローで左ワキを開けてはダメ!フォローまで両腕の3角形をキープして、ボディターンで振っていくことが大事

イボミが考案したベタ足練習法

クラブを逆にしてフォローでビューンと音が鳴ればOK!

 

音が聞こえる場所が大事なんです
1軸でベタ足のスイングができるようになる練習方法を紹介します。
まず、ミドルアイアンのヘッドとグリップを逆に持って素振りをします。この時、大事なことは『ビュン!』という、クラブが風を切る音がスイング中どこで聞こえるかということです。
 クラブを逆さまに持って振った時に、手元が重たくて先っぽが軽いので、クラブは簡単にビュン!と振ることができます。そこで、素振りの時にビュン!という音がインパクトで聞こえたら、それは手打ちのスイングになっている証拠です。
逆に、ビュンという音がフォローで鳴っていいれば、上半身を使ってのベタ足スイングで振れている証拠です。


イボミのバンカーテクニック